時短勤務 正社員

時短勤務 正社員

 

仕事がうまくできずに周りにもフォローされなくなったとき

 

業務内容が職人の世界でその人たちのように仕事ができなくてだんだんフォローされなくなり周囲からいじめられるようになりました。
この仕事でうまくいかなかったら転職をしようと決意した次の日。自分がいつものように必死で仕事をしていて刃物を機械にセットしている時に、先輩が悪ふざけで自分の後方から蹴りを1発入れてきました。
蹴られた衝撃で、自分は刃物の目の前まで顔が近づきあと数センチで顔が切れるところでした。あの時はすごく怖かったです。蹴られたあとに先輩にはキレて怒りました。
すると先輩は逆ギレして無抵抗の自分に暴力を行ってきました。めちゃめちゃ痛かったです。
流石にほかの先輩がそれに気づいて止めに来てくれましたが、相手からの謝罪は無し。これがきっかけで「これ以上この会社にいたら仕事ができなくて迷惑もかけてしまうし、自分も先輩たちにいじめられていつか今回のようなことがあった時に死んでしまうのではないか」と思い転職をする決意がつきました。

 

 

時短勤務 正社員

時短勤務 正社員

 

仕事が終わらず何時に帰れるかわからない時 夕方まで外回りをしていて、帰ってからデスクワークに移り、やる事の膨大さに何時に終わるかも終わる見通しも立たないと、いつまで続けられるか不安に思います。
それでも割り切って淡々と仕事を進めますが、パソコンの調子や同僚に話しかけられたり、単純作業ばかりに時間を取られたりすると1時間経つ頃から嫌になってきます。
本当に遅いと8時や9時を回っても終わる見通し立たず、一旦家に持ち帰って、子供を寝せてからの作業になり、そういう日に限って子供もやっと寝たと思ったら起きてきたりして、自分の睡眠時間だけが減っていきます。
次の日に仕事を残せばかなり焦ってやらなければ終わらないし、次の日の分の仕事も後回しにすることになるので、その日の仕事はその日に片付けたいですが、さすがに11時を超えるとやめたいのと、もういいかという諦めが入って中断したりします。
忙しい時期限定なのでまだ辞めていませんが、このピークが続く週は毎回辞めたくなります。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

仕事なのに暇な時間が多い
仕事の引継ぎが適当で、その後のフォローもなかった時
仕事の負担が増えたのに、収入が増えない時
仕事量に対する休みや給料を考えたとき
子供2人の教育費の為と老後資金準備の為です